Amazon DynamoDB編~DynamoDBをはじめてみよう!パート③~

Pocket

こんにちは! JQです。

前回は『Amazon DynamoDB編~DynamoDBをはじめてみよう!パート②~』ということで、DynamoDBをWEBコンソールから触ってみました。

今回は『Amazon DynamoDB編~DynamoDBをはじめてみよう!パート③~』と題して、DynamoDBをRuby SDKから操作してみたいと思います。

前準備

SDKの準備

1. 最初に、以前に掲載しているレシピ「AWS SDK Rubyを使ってみよう!」の記事等を参考にセットアップします。

DynamoDBへ接続



テーブル一覧の取得

2. 次に、テーブル一覧を取得して作成したテーブルを確認してみます。
※end_pointは適宜変更して下さい。

すると、以前に作成した「ProductCatalog」が表示されるかと思います。

プライマリーキーの確認

3. 次は、プライマリーキーの情報を取得してみましょう。

スループット情報の取得

4. 最後に、スループットの情報を取得してみましょう。

いかがでしたでしょうか?

次回は『Amazon DynamoDB編~DynamoDBをはじめてみよう!パート④~』ということで、実際にデータをインプットしてみたいと思います。
お楽しみに!