Amazon DynamoDB編~DynamoDBをはじめてみよう!パート②~


こんにちは! JQです。

前回は『Amazon DynamoDB編~DynamoDBをはじめてみよう!パート①~』ということで、DynamoDBの作成までを行いました。

今回は『Amazon DynamoDB編~DynamoDBをはじめてみよう!パート②~』と題して、DynamoDBをWEBコンソールから触ってみたいと思います。

WEBコンソールから確認

情報確認

1. まずは、作成したTableを選択します。

2013062001

「Details」タブ

2. すると「Details」タブでは、以下の項目を確認出来ます。

Table Name:
Primary Hash Key:
Table Status:
Creation DateCreation Date:
Provisioned Read Capacity Units:
Provisioned Write Capacity Units:
Last Decrease Time:
Last Increase Time:
Storage Size (in bytes)*:
Item Count*:
※「Storage Size」と「Item Count」はリアルタイム反映ではなく大体6時間毎の更新のようです。

2013062002

「Indexes」

3. 「Indexes」タブでは登録されているIndexを確認出来ます。
※今回は何も登録していない為、表示されていません。

2013062003

「Monitoring」タブ

4.「Monitoring」タブではAlarmのステータスや履歴、DynamoDBのパフォーマンスを確認出来ます。

2013062004

「AlarmSetup」タブ

5. 「AlarmSetup」タブでは設定したアラートの値を変更出来ます。

2013062005

Throughputの変更

6. Throughputの変更をする場合は「ModifyThroughput」をクリックします。

2013062006

2013062007
テーブル内部の確認

7. 「Explore Table」をクリックして「BrowseItems」に移動します。
2013062008

HashKeyを利用して絞り込みも行えます。

2013062009

また、「New Item」をクリックする事でデータの登録も行えます。

2013062010

いかがでしたでしょうか?

次回は『Amazon DynamoDB編~DynamoDBをはじめてみよう!パート③~』ということで、SDKから確認してみたいと思います。
お楽しみに!