Amazon CloudFormation編~CloudFormationの使い方パート③~


こんにちは!Rookieです。

前回のレシピに引き続き、今回もAmazon CloudFormation編です!

前回は『Amazon CloudFormation編~CloudFormationの使い方パート②~』と題して、CloudFormationの基本テンプレートを使って実際にEC2インスタンスを起動してみました。

今回のレシピでは『Amazon CloudFormation編~CloudFormationの使い方パート③~』ということで、CloudFormationのツールであるCloudFormerのセットアップをおこなってみたいと思います。

尚、CloudFormer自体は特にサービスとして提供されているわけではなく、EC2インスタンスとして提供されます。

それではさっそく、作業をおこなっていきましょう!

CloudFormerのセットアップ


1. AWSサイトにあるCloudFormation公式テンプレートページを開き、「ここをクリックして、CloudFormerを起動してください」の箇所をクリックします。
 
2013070801

2. すると、下記スタックウィザード画面が表示されるかと思います。
  そのまま、「Continue」をクリックします。

2013070802

3. [ I acknowledge that this template may create IAM resources]の項目のチェックボックスにチェックを付け、「Continue」をクリックします。

2013070803

4. 「Key」の項目に[Name]、「Value」の項目に任意の名称を入力して、「Continue」をクリックします。
 
2013070804

5. 設定項目を確認して、「Continue」をクリックします。
 
2013070805

6. 「Close」をクリックして、CloudFormerのセットアップは完了です!
 
2013070806

  CloudFormerのスタックが作成されていることが確認できるかと思います。
 
2013070807

いかがでしたでしょうか?

次回は『Amazon CloudFormation編~CloudFormationの使い方パート④~』と題しまして、今回セットアップしたCloudFormerを実際に起動してテンプレート作成をおこなってみたいと思います。

お楽しみに!