Active Direcory on AWS~Active Directory導入編③~

Pocket

こんにちは!中の人です。

Active Direcory on AWS~Active Directory導入編①~』では、
Windows server 2012にActive Directoryをインストールする方法
Active Direcory on AWS~Active Directory導入編②~』では、
Active Directoryドメインサービスをドメインコントローラーに昇格する方法
を紹介しました。

今回は『Active Direcory on AWS~Active Directory導入編③~』と題して、
ActiveDirectoryにユーザーを追加する方法を紹介します。

1.ActiveDirecrtoryをインストールしたサーバの「サーバーマネージャー」を起動します。
20131226_01_001

2.右上のツールから“ActiveDirectoryユーザーとコンピューター”をクリックします。
20131226_01_002

3.“ActiveDirectoryユーザーとコンピューター”が表示されます。
“Users”をクリックし、上部のユーザーアイコンをクリックします。
20131226_01_003

4.ここでは仮でlocal-userを作成します。
実際にはユーザーの名前、ログインIDで作成します。
20131226_01_008

5.次の画面ではパスワードの登録をします。
デフォルトで「ユーザーは次回ログイン時にパスワードの変更が必要(M)」にチェックが入っていますが、チェックを外します
20131226_01_005

6.確認画面で間違いがなければ「完了」をクリックします。
20131226_01_009

これで新しいユーザーの追加が出来ました。
一覧に戻ると作成した“localユーザー”が追加されていることが確認できます。
20131226_01_010
これで”一覧”事が出来ました。

続いて次回は『Active Direcory on AWS~Active Directory導入編④~』と題してローカルマシンをEC2上のActiveDirectoryに参加させます。

お楽しみに。