CloudWatch編~Custom Metricsパート④~


こんにちは! JQです。

今回は『CloudWatch編~Custom Metrics パート③~』と題して、AWS公式のLinux用Custom Metrics試してみたいと思います。
今回は『CloudWatch編~Custom Metrics パート④~』と題して、AWS公式のWindows用Custom Metrics試してみたいと思います。
今回はWindows Server 2008R2を利用します。

Custom Metricsのダウンロード

1. AWS SDK for .NET
まずは AWS SDK for .NETをインストールします。
http://aws.amazon.com/jp/sdkfornet/

AWS SDK for .NET

ダウンロードしたインストーラーでインストールします。

インストーラー

インストーラー完了

2. スクリプトのダウンロード
次にスクリプトをダウンロードします。
http://aws.amazon.com/code/7932034889155460

スクリプト
C:ドライブの直下に解凍します。

C:ドライブ

3. Power Shellのスクリプト許可
Power Shellでスクリプトを実行できるように許可します。
Power Shellを起動して下記コマンドを実行します。

Power Shell

4. テスト
Power Shellからコマンドでスクリプトを実行してみます。

Power Shell 画面

エラーが出力されなければコンソールを確認してみましょう!

コンソール画面

5. タスクスケジューラに登録
自動実行するようにタスクスケジューラに登録します。

「ユーザーがログオンしているかにかかわらず実行する」を設定します。

タスクスケジューラ01

トリガーを「5分間」「無期限」に繰り返しように設定します。
タスクスケジューラ01

操作では「プログラムの開始」を選択してプログラムにはPowerShellを指定します。
因数の追加で下記の用に入力します。

タスクスケジューラ01

いかがでしたでしょうか?

次回をお楽しみに!!!