SQS編~Simple Queue Serviceパート①~

Pocket

こんにちは! JQです。

前回は『CloudWatch編~Custom Metrics パート④~』と題して、AWS公式のWindows用Custom Metricsを試してみました。
今回は『SQS編~Simple Queue Service パート①~』と題して、SQSを試してみたいと思います。

SQSとは

Amazon SQS(Simple Queue Service)は、AWSが提供するメッセージキューサービスになります。

AWS コンソールから

1. キューの作成
先ずはAWS コンソールから触ってみます。
「Create New Queue」からキューを作成します。
キュー作成

「Queue Name」を入力して他はデフォルトで作成します。

Queue Name

作成後、リストに表示されます。

Queue List

2. メッセージ送信
続いて作成したキューにメッセージを送信してみます。
キューを選択した状態で「Queue Actions」から「Send a Message」を選択します。

Queue Actions

送信するテキストを入力して「Send Message」を選択します。
Send Message

無事作成し出来ました。

Send Message完了画面

3. メッセージ受信
送信したメッセージを受信してみます。
キューを選択した状態で「Queue Actions」から「View/Delete Message」を選択します。

View/Delete Message

「Start Poling for Messages」を選択します。

Start Polling for Messages

先ほど送信したメッセージがリストに表示されます。
「Body」が送信したテキストになります。

メッセージリスト

4. メッセージ削除
キューにあるメッセージを削除してみます。
メッセージ受信と同様にリストを表示してメッセージを選択した状態で「Delete 1 Message」をクリックします。

メッセージ削除

確認が出るのでそのまま削除すれば完了です。

メッセージ削除確認

いかがでしたでしょうか?

次回は『SQS編~Simple Queue Service パート②~』として、CLIから操作してみたいと思います。
お楽しみに!!!