Amazon Sumerian Tutorial17:Events Basics

Pocket

こんにちは、ナレコム前川です。

ここで学ぶのは、

・Events
・State Machine
・Emit and Listen actions

の3つについてです。

それでは、進めていきましょう。

1. シーン作成

はじめに、シーンを作成していきます。

① ダッシュボードから Default Lighting を選択。
② シーン名を「Event Basic」に設定。

Create Entity から BoxSphere を追加。
④ 以下のように配置する

2. Sphere 側のイベントを設定する

ここでは、Sphere にユーザーがアクションを与えることで
シーン内でイベントが発生するようにしていきます。

① Sphere を選択し、Add Component から State Machine を追加。

+ ボタンをクリックし、Name を「Emit on click」に設定。

③ State1 を選択し、State 名を「Listen for pick」に変更。
Add Action から Pick を検索・追加。

Add State から 新しく State を追加し、State 名を「Emit Event」に設定。

Add Action から「Emit Message」を追加し、Channel 名を「sphereclicked」に設定。

⑦ 以下のように State をつなぐ。

作業が完了したら、State Graph と Inspector を閉じましょう。

3. Box 側のイベントを設定する

ここでは、Box 側のイベントを設定していきます。

① Box に State Machine コンポーネントを追加し、+ ボタンをクリック。

※ Behavior 名は「Listen Event」にしました。

② State1 を選択し、State 名を「Listening」に変更。
Add Action から Listen を追加。
Message channel「sphereclicked」に設定。

Add State をクリックし、新しい State の名前を「Rotate」 に設定。
Rotate アクションを追加し、Rotation の Y の値を 90 に変更。

⑦ 以下のように State をつなぐ。

この設定で、Sphere がクリックされると Box が回転する設定ができました。

再生ボタンをクリックして、実行してみましょう。

今回のチュートリアルは以上です。
お疲れ様でした。