QuickSight の使い方 – ユーザの招待とデータ共有編

はじめに

今回は、QuickSight を用いたユーザの招待と、データの共有方法について簡単に紹介したいと思います。

■やりたいこと
・閲覧権限のみを付与した ユーザを作成したい(ユーザは、IAMユーザと紐付けたい)
・QuickSight 上の可視化してある特定の分析データを、閲覧権限を持ったユーザと共有したい

ユーザの招待方法

ユーザを招待する側の設定

QuickSight の閲覧ユーザの招待方法について、紹介したいと思います。
手順は以下です。
image.png
①QuickSight の画面右上のアイコンをクリックし、「QuickSIght の管理」を選択します。

image.png
②画面左の「ユーザを管理」を選択したら、「ユーザを招待」を選択

2020-05-21_12h09_14.png
③「ユーザを招待」を選択すると、ユーザ登録となりますので、下記の情報を入力します。

■情報

  • ユーザ名:登録する IAM ユーザ名
  • Eメール:ここ宛に QucikSight 登録のメールが届く
  • ロール;閲覧・作成・管理のどこまでのロールを許可するかを選択
  • IAMユーザ:作成するユーザが、既存のIAMユーザと紐付ける場合は「はい」を選択

招待された側の設定

ここからは、QuickSight アカウントに招待された側の手順になります。
image.png
①上記で設定したメールアドレス宛に QuickSight からメールが届いているので確認し、クリックします

image.png
②下記の情報を入力し、無事にサインインできたら完了です。

■入力情報
・QuickSight のアカウント名(これは管理者に確認)
・IAM ユーザ名
・IAM ユーザのログインパスワード

データ共有

ダッシュボードの公開

次に、閲覧権限を有した ユーザと QuickSight 上で可視化したデータを共有する手順を紹介します。
image.png
①共有したいデータのダッシュボードを開いた状態で、右上の「共有」を選択
②「ダッシュボードの公開」を選択
(※「分析の共有」は「閲覧」権限のユーザとは共有できません。)

image.png
③公開するダッシュボードの名前を決めたら、「ダッシュボードの公開」を選択

以上の手順で、閲覧権限ユーザは、公開されたダッシュボードを見ることが可能となります。
データの予測などを実施する場合は、「作成」や「管理者」権限を持ったユーザを招待し、
「分析の共有」を選択する必要があります。

おわりに

QuickSight にユーザの招待方法と、データ共有方法は以上となります。
上記の設定を利用することで、複数のユーザと可視化したデータを共有することができるようになります。
特定のデータのみを複数のユーザと共有したい場合など、是非、使用して下さい。