Amazon WorkSpacesを使ってみた -機能編-


こんにちは、たいしゅうです。

今回は、WorkSpacesスタンダードプラスにおいて初期の段階で利用できる機能について紹介できればと思います。(スタートメニューに表示されているもの)

機能名称 機能概要
InternetExplorer インターネットブラウザ
WinZip ファイルアーカイブ(圧縮・解凍ソフト)シェアウェア
Adobe Reader XI PDFなどのファイルを閲覧するのに必要なソフト
Amazon WorkSpaces Sync ローカルPCとWorkSpacesの指定したフォルダ内の
同期を行えるツール
Microsoft Office バージョンはすべて2010
Microsoft Access データベース管理ツール
Microsoft Excel 表計算ツール
Microsoft InfoPath オーサリングソフト
(主にプログラムを書かないでソフトウェアや作品を作るための
アプリケーションソフトウェア)
Microsoft One Note デジタルノートアプリケーション
Microsoft Outlook 個人情報管理ソフトウェア
Microsoft PowerPoint プレゼン資料作成ツール
Microsoft Publisher 簡易DTPツール(冊子作成)
Microsoft Sharepoint Workspace ドキュメント管理などを行うプラットフォーム
Microsoft Word 文書作成ツール
ビジネスセキュリティクライアント トレンドマイクロ社提供ウィルスソフト

その他には……
アクセサリ(ペイントやコマンドプロンプトなど)
スタートアップ
メンテナンス
等の機能もあります。

これだけ多くの機能が使えて、更に一ヶ月単位で使えるのは非常に魅力的ですね。

WorkSpacesを使っていると今開いているウィンドウがローカルなのかWorkSpacesなのか区別がつかなくなることが時々あります。

今回はここまでです。
最後までご覧いただきましてありがとうございました。
それでは、また次回!