AWS CLIとCloudFormationでVPCを作ってEC2を立ち上げてみた①~AWS CLI編~

Pocket

はじめまして!Tamaです!
今回からレシピ記事を書いていきます!よろしくお願いいたします!

AWS CLIからのデプロイ

今回は一括デプロイサービスであるCroudFormationをAWS CLIでの構築と比較するため、まずはAWS CLIからVPCを作りその中にEC2インスタンスの立ち上げを行います。

AWS CLIの導入や使い方はこちらから

今回作成する環境は下の表になります。

OS Amazon Linux AMI 2015.03.0 x86_64 HVM GP2
AMI ami-cbf90ecb
Instance Type t2.micro
Root Volume 8GiB
VPC IP Range 10.0.0.0/16
Subnet IP Range 10.0.0.0/24
SecurityGroup SSH(port:22) source:0.0.0.0/0
New Key Pair NO

EC2インスタンスにSSHで接続し、コマンドを入力していきます。

1. VPCの作成

[実行結果]

2. Subnetの作成

[実行結果]

3. インターネットゲートウェイの作成

[実行結果]

4. インターネットゲートウェイのアタッチ

5. ルートテーブルの作成

[実行結果]

6. ルートの設定

[実行結果]

7. ルートテーブルの割り当て

[実行結果]

8. セキュリティグループの作成

[実行結果]

9. インバウンドルールの設定

10. EC2インスタンスの立ち上げ

[実行結果]

コンソールからデプロイされたインスタンスを見てみます。
今回作成したVPC, Subnet内にデプロイされているのが確認できます。

007

AWS CLIでのVPCへのEC2インスタンスの立ち上げは以上になります!
お疲れさまでした!
CLIではコンソール以上に細かな設定が行えて便利ですね。

次回は同じ構成をCloudFormationで作成します!
またお会いしましょう!