AWS EC2編~EC2 Run Command Windows を試してみる~

前回は『AWS RDS編~Amazon RDS (MySQL)でlocal time zone を試してみる~』と題して、RDS (MySQL)で
local time zone を試してみました。

今回は『AWS EC2編~EC2 Run Command Windows を試してみる~』と題して、EC2 Run Command をWindows で試してみたいと思います。

EC2 Run Commandとは

EC2 Run Command自体については過去の記事をご参照ください。
EC2 Run Command を利用することでWindows Update等の作業を複数台に一括で行ったりすることが可能になります。

試してみる

1.Windowsの準備
先ずはEC2 Run Command が利用出来るインスタンスをたてておきます。

01

2.Run Commandを実行する
Run Commandを実行してみます。
「Commands」ページから「Run a command」をクリックします。

02

Run Commandではカスタムコマンドが用意されています。
今回はAWS-RunPowerShellScriptを試してみます。

03

Target Instancesに該当のインスタンスを選択してコマンドに「ipconfig」設定して実行します。
04

成功したらコマンドの結果を確認してみます。

05

該当のコマンド履歴の下部の「Output」を選択した状態で「View Output」をクリックします。
06

コマンドの結果が確認できます。

07

いかがでしたでしょうか?
次回もお楽しみに!!!

Amazon Web Serviceの構築・保守でお困りの方はこちら