DynamoDBに保存したデータをNode.jsで取得して表示してみた~DynamoDBへの接続編~

Pocket

こんにちは、中の人です。

DynamoDBで取得したデータをNode.jsで取得して表示する準備として以下を紹介しておりました。

第1回 Node.jsインストール編
第2回 Nginxで80番ポートに変更編

今回はNode.jsに対してaws-sdkを追加して、DynamoDBからデータを取得してみます。

1. DynamoDB上にテーブルの作成します。
初めての方はこちらの記事をご参考に作成してください。
Amazon DynamoDB編~DynamoDBをはじめてみよう!パート①~

2. aws sdkのインストール

3. node.js内にAWSのアカウント設定をします。
第1回目に作成したdashBoardというアプリケーション内に設定します。
dashBoard/config.json

dashBoard/app.js

4. nodeを起動させます。

起動すると、console logとしてメッセージが表示されます。
エラーが表示される場合はどこかの記述、設定が間違えている可能性があるので見直します。
“no data”と表示される場合、正しく値を取得できておりますので、DynamoDBにデータを入れれば値を取得できます。
エラーがでなければ準備OKです。

次回は実際に取得したデータを画面上に表示させます。
お楽しみに!