Amazon WorkMail編~モバイル~

Pocket

前回は『Amazon WorkMail編~基本操作~』と題して、Amazon WorkMail(Preview)を試してみました。

今回は『Amazon WorkMail編~モバイル~』と題して、Amazon WorkMail(Preview)でモバイルを試してみたいと思います。

モバイルデバイスのポリシーとアクション

WorkMailでは管理者はモバイルデバイスのための暗号化、パスワード保護、自動スクリーンロックの必要性を選択することができます。
また、管理者は紛失や置き忘れたモバイルデバイスを必要に応じてリモートでワイプする事ができます。

試してみる

1.モバイルポリシーの確認
先ずはモバイルポリシーを確認してみます。
どのようなパスワードを許可するかやログイン試行回数、ストレージの暗号化の必須等が設定出来ます。

mobile policy

2.ログインしてみる
モバイルでログインしてみます。
今回はAndroid端末にて実施してみます。

Emailアプリを起動してアドレスとパスワードを入力します。

Emailアプリ

アカウントのタイプで「Exchange ActiveSync」を選択します。

Exchange ActiveSync

アカウントの設定をします。

アカウントの設定

アカウントの設定

WorkMailに対しての機器管理者を有効にします。

機器管理者機能の有効化

3.確認
確認してみます。

受信トレイ

WorkMail上でも確認してみます。
デバイスが表示されて「Wipe device」等が実行出来るのがわかります。

Mobile Device

いかがでしたでしょうか?
次回もお楽しみに!!!